×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。




新撰組 攻略之書TOPへ

[ 風雲幕末伝 攻略 ]

人物名鑑 【他】

人物名鑑 【他】

[他] 倒幕編自作隊士 水戸藩下級武士の出身。藤田東湖に師事していた父を尊敬しており、自らも尊王攘夷の道を志す。

安政7年(1860年)、桜田門外の変で、父の悲願だった井伊直弼暗殺に参加した。その後、京に逃れ、土佐勤王党の活動に協力する。

文久3年(1863年)、長州に渡り、高杉晋作の誘いにより奇兵隊に入隊した。禁門の変や第二次長州征伐では長州軍として活躍。坂本龍馬とも交流が深く、のちに海援隊と行動を共にする。

慶応4年(1868年)、鳥羽伏見の戦いの後、江戸城の無血開城を勝海舟に説いた。維新後、海外に渡る。
佐幕編自作隊士 江戸府内に浪人の子として生まれる。代々御家人として幕府に仕えてきた家系だが、祖父の代に身分を剥奪された。

文久3年(1863年)、幕臣への復帰を胸に、清河八郎の発案によって結成された浪士組に参加。
上洛後、浪士組を尊王攘夷に利用しようとする清河に反発した近藤勇、芹沢鴨らと共に新撰組(当時は壬生浪士組)を結成する。

池田屋事件や禁門の変などで活躍するが、鳥羽伏見の戦いで負傷。一時は隊を離れるが、東北で転戦する土方歳三に合流し、蝦夷へ向かう。

土方の死後、箱館を脱出。その後消息を絶つ。

新撰組 攻略之書TOPへ

- Copyright c 2005 新撰組 攻略之書 All rights reserved. -